資料の準備を進める

一生懸命に時間外までも働いたのに残業代が出ない、と一人で悩んでいては何の解決にもなりません。一日の労働時間が8時間以上で週に40時間以上の労働者であるならばその残業代を請求して、もらえる権利があるのです。
まず何から行動を起こすかと言いますと、残業したことを証明できる資料を集める、言わば「証拠集め」です。時間外の労働としてどれくらいの時間を費やしたたか、その残業時間に値する未払いの賃金はどれだけのものかというのを証明しなくてはなりません。
一般的に証拠の書類とされるのはタイムカードや給料明細です。ただ、タイムカードは定時で押すように言われていたり、コピーをとるのも結構難しかったりします。ですので、自分で出退勤の時間を日記のようにつけたり、パソコンの中にデータとして残したりしておくとよいでしょう。
あとは、定期券で時間が読み込まれているのを確認したり、FAXの通信記録や、得意先とのやり取りのメールなど、時間が示されたものも有効になりますので、何か少しでも証拠の資料につながるものはないか自分の身の回りをもう一度確認しましょう。

最初の行動は何からか

まず、最初に出来ることは直接会社に申し立てるという手段です。事例を見ると、会社側が一度の直談判で、残業代を支払うようになったケースもあります。だいたいどの会社も本当は残業代は支払わなければいけないことを知っていると思われますので、正当な要求がくればそれを否定することはなかなか難しいことなのでしょう。
もしも、一人で話し合いに出向いて、成果が得られなかった場合は、賛同してくれる仲間と一緒に直談判しに行くこともおすすめです。人数が多ければ多いほど、各人の残業代請求に対する発言一つひとつにも重さと幅が出てきます。一人では会社側も何とかうまくあしらえたとしても大人数だと会社も対処せずにはいられなくなってくるものです。
もともと残業代の未払いがある会社は、自分だけではなく他の社員も残業代をもらっていない場合がほとんどかもしれません。仲間を募ることで心強くなりますし、説得力も倍増しますので勇気を出して直接会社側と交渉してみてはどうでしょうか。
もし、それでもダメな場合はその地域の労働基準監督署など公共機関に出向いて相談してみましょう。