残業代とは

基本的に「残業代」という言葉にはどのような定義があるのでしょうか。これは「残業手当」とも言い換えることができ、労働をしている人が法律で決められた労働時間よりも上回る労働をした場合に会社から労働者に割増して支払ってもらえる賃金のことです。またこういった決められた時間以上に働くことは「時間外労働」と呼ばれています。

残業代はもらう権利がある

規定の勤務時間以上に一生懸命に働いた「時間外労働」に対してそれに値する正当な賃金をもらうことは当然のことですし、もしもその賃金をもらえないとするならば、その支払ってもらえない残業代を請求することは労働者の権利であると言えます。また残業代を支払うことは経営者の当然の義務であるでしょう。
そして、どういう条件で残業代が請求できるかと言いますと自分自身が働いている環境で一日の労働時間が8時間以上で週に40時間以上あるのならば、働いている人にとって会社側に残業代を請求する権利があるということになります。

請求を諦めてしまわないこと

ここで忘れてはならない大切な決まり事があります。残業代を請求するにしても、残業代未払いの分に関しては「2年間分の請求しか出来ない」という決まりがあるのです。
ですから2年より前にさかのぼって請求することは不可能なのです。このようなことも踏まえて、残業代請求を諦めてしまわずに思い立ったらすぐに行動を起こしたほうがいいのではないでしょうか。
また、いつ、どのようなタイミングで請求するのかということなのですが、在職中であっても退職をしたあとからでも請求をすること自体は可能です。とは言え今現在、会社に居ながらにして請求をするということは、結構難しくて勇気のいることですね。しかし残業代請求は法律でも認められている権利でありますし、会社側としても当然残業代を支払う義務というものがあります。労働者が会社側に残業代請求をしたら余計に居づらいような環境になるのではと心配になり、実際に仕方ないものだとして諦めている人は少なくありません。このような理由で泣く泣く諦めていいのでしょうか。従業員の労働時間を把握することは会社の義務として当然のことであって、「把握できていない、知らない」とは言えないですし、ましてやそれがために残業代の請求を拒むことなどは論外です。
時間外の労働賃金を計算し、残業代の未払い分を、労働者の正当な権利として請求しましょう。